英会話上達のヒント

英語で科学論文を読むコツ

公式ホームページはコチラ↓

7+english2

英語で科学論文を読むコツ

もしあなたが、理系の大学院進学をして研究に関わることになったとしたら、その時の重要なスキルの一つに、科学論文をいかにスラスラ読めるか、という事があります。
最新の世界の研究情報を読み取り、研究に反映する、そのスキルは大変重要です。
そんな科学論文を読むコツとその近道を解説します。

 

論文の執筆形式を理解する

 

実は、科学論文は書く形式が決まっています。
まずは、論文のタイトル、そして執筆者、さらに大学の所属の下概要(アブストラクト)があります。
このアブストラクト、論文をすべて読まなくてもどのような研究の背景から今回の研究を行ったか、結果が出ているかと言った情報が書かれています。

 

そのため、自分の研究に役立つものかジャンルを絞るだけなら、基本アブストラクトを読めば、大体分かるようになっています。
大学院入試対策でも、アブストラクトを普段から読みこなし、制限時間20分ほどで読めるようになれば、かなりの対策になります。

 

必要な情報を精査する要約の箇所で不明な語彙や単語があったり、それらの知識が不足しているものなど、この時点で分かるので、最初に調べておいて、身につけてしまうのがベターです。
またこの部分では情報が不十分な場合は結果も追加で読んで、情報を入手していきます。

 

目星がついた論文の詳細を読む

 

深く論文を読み込む際に重要なのは、研究における方法と結果の箇所を重点的に読見込んでいくことです。
まずは方法、これは実験系の研究を行う際に重要な点です。どのメーカーの商品を使用したか?
データが出るまでのタイムスケジュールや使用した試薬の分量といった内容が事細かに書かれています。

 

方法の箇所の完成度によってその実験結果がどれだけ自信があるかという事実が明確です。
基本的に自信がある結果の論文は、比較的に誰が読んでもわかりやすい用語の使用が特徴です。

 

結果の箇所で重要なのはグラフや図の下に書かれている、注釈を読んでから文章を読むと非常にわかりやすくなります。自分の研究で必要な結果がすべて必要でないケースの場合は図表下の内容を読んで詳細情報を読み取るという方法がおすすめです。

 

グラフや図の下に書かれている、注釈を読んでから文章を読む

 

論文で良いものを探すポイント

 

まずは、載っている論文の雑誌のインパクトファクターです。
論文に載せる雑誌の難易度を示すインパクトファクター、一般的な論文よりもネイチャーやサイエンスは掲載難易度が著しく上がります。
ですが、重要なのはグラフ等の数値の縦軸横軸が適切か、方法の箇所が明確でしっかり書かれている論文が一番良い論文です。

 

論文は引用されればされるほど価値が上がる、というのは、有名な話です。
このことをヒントにGoogleは、検索時の表示順位を決めているといわれています。
引用されるには、方法や結果がどんな場所でも同じ結果が出ているという証拠なのです。
掲載年数と引用数も探す大切な要素となります。

英語で科学論文を読むコツ関連ページ

英語圏の友人に聞いた、ここが変だよ!日本人の英会話
七田式英語教材<,7+English>の学習効率アップにも役立つ、英会話上達の為のヒントを集めてみました。
社会人から始める英語勉強法のコツ
七田式英語教材<,7+English>の学習効率アップにも役立つ、英会話上達の為のヒントを集めてみました。今回は、社会人が始める英語勉強法あです。
通勤時間でできる社会人のための英語勉強法
通勤時間でできる社会人のための英語勉強法 七田式英語教材<,7+English>の学習効率アップにも役立つ、英会話上達の為のヒントを集めてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
聞き流すだけではダメ 中学英語で通じる理由 方言と英会話習得 英語は心理学? 向いてる人向いてない人