英会話上達のヒント

社会人から始める英語勉強法のコツ

公式ホームページはコチラ↓

7+english2

社会人から始める英語勉強法のコツ

 

社会人になってから少し余裕ができたり、今いる会社より多くの給料をもらいたい、英語を使うような職場で働いてみたいと思ったことはありませんか。
そして多くの人が、でも「私は英語が苦手だから」「今更始めても。。」などと思う人は多いのではないでしょうか。

01

実際に、国際ビジネスコミュニケーション協会の調査によると、
回答者の約7割が「英語が苦手」と回答しました。

 

グローバル化が進み、日本開催のオリンピックも予定されている中、今後現在の世界情勢が改善した後、企業のグローバル化と外国人訪日観光客、海外ビジネスマンが再び多くの数日本へとやってくることが予想できます。
そのため、今からでも、良いスタートダッシュが切れるように、英語を勉強するときっと役に立つでしょう。
そして、そのことこそが必ずあなたを成長させるでしょう。

 

そこで、社会人から始める英語勉強法について要点を絞って解説していきたいと思います。
日本の教育の間違い日本語と英語の言語的性質の違い、そしてそれに対する効果的な勉強法の3つに要点を絞りまとめました。

 

日本の教育では、インプット過多で、アウトプットが少ない

02

まず初めに、日本の教育の間違いは圧倒的に文法勉強を重視し大学入試などのテストのための勉強のためインプット過多により、実践の場があまりに少ない点です。
せっかく多くの英単語や文法を勉強しても、実際に使う場がなければそれはすぐに忘れてしまい、頭の中だけの知識になってしまいます。
どんなに料理のスパイスを持っていても、実際に使ってみなければ、どのスパイスを組み合わせるとおいしくなるのか、そしてどのスパイスは一緒に使うべきではないかということを理解できます。そして、実践から得られる情報や体験は脳へ非常に大きな影響を与えます。
そのため、日本式教育によって多くの人には英語を実践する場が必要だということを認識するべきです。知識は正いが、どう使うべきかを習っていないだけなのです。

 

日本語にはない音を聞き分ける訓練が必要

次に、日本語と英語の言語的性質の違いについてですが、音域と文法構造の大きな違いがあります。
人間は生まれてから2歳までの間に脳の回路が200兆にまで増え、周りで話されている言語帯の音を認識し、その他の言語帯の音を忘れます。
例えば、日本語では”R”、”L”の違いなんてありません。2歳までの間には赤ちゃんはそれらの違いを聞き分けれていたのですが、その後使わない言葉は忘れるようになっています。
そのため、社会人になってから英語を始める場合、日本語にはない音を聞き分けれらる訓練をする必要があります

02

さらに、日本語の周波数は125?1,500ヘルツとなっていますが、英語は750?12,000ヘルツになっているように、日本語と英語では音域が違います。
これが英語と音域の話です。

 

そして、文法構造ですが、日本人が英語を勉強する際に最も苦労することは文法の勉強ではないでしょうか。
英語の勉強は非常にシンプルでわかりやすいですが、日本語の文法や察するという言語です。これはハイコンテクスト言語と言われており、この意味は言葉自体より、背景または文脈から意図を読み取る言語であるためです。
一方英語はローコンテクスト言語であるため、言葉そのものを重視する言語なので、比較的簡単なのです。そ
の点を理解することができれば、英語はそこまで恐れる物ではないのです。逆に日本語が難しすぎて難解な言語であるがゆえに逆に簡単であるべき英語が難しく見えているのです。

 

基礎的文法、単語、そしてバーチャル会話練習

そして次に、今までのことを踏まえて社会人がするべき英語についてですが、基礎的文法単語、そしてバーチャル会話練習の3つを主にすることをお勧めします。
もちろん基礎ができていればこれ以上に難しい段階を踏むことができますが、最初の段階はいかに英語を好きになり、長く続けられるかが大事です。基礎的文法というのはおそらく多くの人が中学校から高校まで勉強していると思いますが、そこで習った知識で十分なのです。
そのためもし家に何か1冊文法書があれば、1日1ページを最初から読み進めることをお勧めします。例えば、会社へ地下鉄などで向かってる人は1ページくらいはその移動時間で読めると思うので、読むといいです。そして単語は、文法と同じくらい必要な知識です。
料理で言えば、文法は料理のレシピで単語は具材または調味料です。どんなにカレーを作りたくても、肉がない、人参がない、ジャガイモがないなどと、基本的な具材がなければ作れないのと同じで、説明したいことはあるのに、それに使うべき英単語を知らなければ、相手に自分のことを伝えることができません。
そのため、1日5つでいいので、最低限必要な単語を覚えることをお勧めします。余裕があるからと言って、1日に20個も30個も覚える余力があっても決して無理をしないでください。大事なのは毎日コツコツと長く続けることです。
これさえできれば英語は必ず話せるようになります。
そして最後は、バーチャル英会話です。なんだこれと思う方もいるかと思いますが、これは要するに一人で状況設定をして独り言を言い、英語を話す実践をするということです。最初はあまり英語が話せないのに、急に誰かと英語で会話するのは勇気がいると思っている人は多いのではないでしょうか。
そこでお勧めなのが、独り言学習法です。

03

例えば、映画のお気に入りシーンを全て自分で演じて、役者さながらの演技をしながら役者と同じセリフを話すというやり方です。この方法だと、誰かに聞かれることもなく、自分の英語発音の練習になります。
そして、自分で正しく発音できる英単語は聞くことができます。そのため、映画やドラマのワンシーンを見ながら英語字幕で自分も一緒に発声し、英語の会話を練習することで、英語を話すという練習を一人でします。少し上級向けになると、自分でシチュエーションを作り、頭の中で文章を組み立て、登場人物を決め、その人たちと一人全役をやり会話をするということもできますが、これは最初の段階では難しいので、前に述べた方法で会話の練習をして見てください。

 

英語を好きになる

最後に、今回は日本の教育の間違い、日本語と英語の言語的性質の違い、そしてそれに対する効果的な勉強法の3つについて有効な考えを述べましたが、最も大事な考えは、英語を好きになり、1日15分でもいいので毎日続けるということです。

03

おそらくやっていても最初の何ヶ月かはなんの成長も見られなくて挫けてしまいそうになりますが、自分で撒いた種は毎日水を上げ続けてさえいれば、必ず芽が出ます。そして時間をかければ必ず話せるようになるので、楽しんで毎日コツコツ勉強してみてください。

社会人から始める英語勉強法のコツ関連ページ

英語圏の友人に聞いた、ここが変だよ!日本人の英会話
七田式英語教材<,7+English>の学習効率アップにも役立つ、英会話上達の為のヒントを集めてみました。
通勤時間でできる社会人のための英語勉強法
通勤時間でできる社会人のための英語勉強法 七田式英語教材<,7+English>の学習効率アップにも役立つ、英会話上達の為のヒントを集めてみました。
英語で科学論文を読むコツ
英語で科学論文を読むコツ 七田式英語教材<,7+English>の学習効率アップにも役立つ、英会話上達の為のヒントを集めてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
聞き流すだけではダメ 中学英語で通じる理由 方言と英会話習得 英語は心理学? 向いてる人向いてない人