七田式最新英語教材【7+English】なら英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

スピーチを頼まれると、英語が上達する?

7+english2

スピーチを頼まれると、英語が上達する?

speach01

皆さんは、スピーチを頼まれたことはありますか?

結婚式や何かの式典など、あらかじめ準備しておくことのできる場合のは、その場で急に言われることなどもありますよね。

 

「スピーチの名手」と言われる人に以前聞いたみた事があります。

 

即興で上手くスピーチするには、スピーチに使うネタが何種類かあって、頼まれたその場の雰囲気といくつかのネタを結び付けて、オチを付けるのだそうです。
つまり、何種類かのネタを覚えておいて、そのネタを応用してその時のスピーチに作り替える、という事なんです。

 

なぁ〜んだ、とは思うもののその場で上手くネタを組み合わせることなど一朝一夕にはできないのではないでしょうか。

 

そこまで上手いスピーチは出来なくても、何を話そうか頭の中で組み立て、そこにいろんな肉付けをしてスピーチを考えますよね。
この作業というか行程が、慣れてくれば早くなって、瞬時に組み立てられるようになるし、それがもっと短く頻繁になったものが一般の会話だと考えられます。

 

なので、日本語でも英語でも何かを話そうとする際には、瞬間的にいったん頭の中で言葉を組み立ててから声に出しているのです。

letmesee


日常生活での一般的な会話では、それが気にならないくらい瞬間的に行われています。

 

英語を母国語としない日本人にとって、組み立ては当然日本語で行いますが、その日本人が英語を話そうとした場合、日本語で考えて、それを英語に訳してから組み立てるので、頭の中の作業行程が2回になります。
この工程の一部分を汎用会話としてベースとして組み込んでしまえば、1つ行程が省略できることになります。

 

この事に加えて、シチュエーションごとの決まり文句もあるので、それらで組み立てていけば、意識しないで、あたかも口から自然に言葉が出るかのように話せるようになるのです。

 

それでも何か難しい説明をする際とかになると、「えーと。。。」とか「Let me see...」とか言いながらすぐに言葉は出ず、頭の中では、どの単語、言葉を使うか考えながら組み立てているのです。

 

この事が一種の訓練となって、場を多く踏むことで、難しい内容も即座に説明できるようにと次第に上達していくと考えられます。

 

汎用性のあるフレーズを覚えておいて、そこに肉付けをして一種のスピーチを成立させることは、とても理にかなった英会話上達法だったのです。

 

↓↓↓七田式最新英語教材【7+English】公式ホームページはコチラ↓↓↓

7+english2


ホーム RSS購読 サイトマップ
聞き流すだけではダメ 中学英語で通じる理由 方言と英会話習得 英語は心理学? 特定商取引の表示