ファミリートレーナー

七田式最新英語教材【7+English】なら英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター

七田式英語教材に向いてる人と向いてない人の違いは?

公式ホームページはコチラ↓

7+english2

七田式最新英語教材に向いてる人と向いてない人の違いは?

短時間で英語を学べる七田式最新英語教材「7+English(セブンプラスイングリッシュ)」。
高速右脳リスニング600もの実践的なフレーズが収録された音声CD短期記憶から完全記憶へ会話フレーズを定着させる学習法
など英語を効率的に勉強できる要素が詰まった教材です。

 

girl's OKorNG

しかしこの七田式最新英語教材には、使用するにあたって向いてる人と向いてない人がいます。

 

向いていない人が使っても学習効率が良くないので。。。

 

以下に七田式最新英語教材の使用に向いてる人と向いてない人の特徴を紹介します。

 

七田式最新英語教材に向いている人

まず七田式最新英語教材に向いている人ですが、端的に表現すると「感覚で物事を捉える人」です。

girl's OK


日本の一般的な学校における英語教育は、まずSVOやSVCなど構文、文法を学ぶどちらかというと理屈から入る教育です。
しかし私達日本人が日本語を話す場合もそうですが、どの言語でも母国語で日常会話をする時に理論で考えてから話したりしません。

 

子供から老人まである程度感覚で日本語を話していますよね。
その点、七田式最新英語教材の特徴である高速右脳リスニングは、通常より速いスピードの英語フレーズを繰り返し聞くことによって感覚を司る右脳を活性化させながら学ぶことができるのです。
スピードの速い英語フレーズは理屈を司る左脳では理解が追い付かず、右脳を使わざるを得ないからです。つまり日本人が日本語を話す時のような感覚により近い形で学習できるということになります。
そのため七田式最新英語教材は「物事を理屈で順序立てて考えるのは苦手。
だから普段は直感で行動している」という人に向いています。
通常の英語学習より難しい理屈や暗記事項も比較的少なく、感覚派であれば老若男女問わず使えるのもこの教材の特徴です。

 

七田式英語教材が向いてない人

では反対に七田式英語教材が向いてない人はどのようなタイプなのでしょうか。
七田式英語教材が向いていないのは「物事を理屈や理論で考える」タイプの人です。

 

上記の通り七田式はスピードの速い英語フレーズを繰り返し聞き、感覚を司る右脳を使って学習する教材になります。
したがって文法の構成や単語の成り立ち、動詞の活用などを頭に叩き込み、理論を司る左脳を働かせて勉強したいタイプの人には向いていないと言えるでしょう。

girl's NG

 

普段理屈で考えてから行動している人に突然感覚で物事を捉えて行動しよう、と言ってもすぐに考え方を変えるのは容易ではないです。
無理やり感覚で捉えようと思っても理屈が頭に浮かび学習に集中できない可能性もあるのでその人にあった学習方法を選ぶべきです。

 

もちろんそういった学習方法が悪いと言っているわけではありません。
あくまで向き不向きの問題で、人により効率のいい学習方法は変わってくるということです。

 

ここまで紹介してきたように七田式最新英語教材「7+English」は向き不向きこそあれど、初心者でも感覚で英語を学習できる教材です。
日常から感覚で行動しているタイプの人は「七田式で英語を学ぶ」ことを考えてもいいでしょう。

 

↓↓↓公式ホームページはコチラ↓↓↓

7+english2


ホーム RSS購読 サイトマップ
聞き流すだけではダメ 中学英語で通じる理由 方言と英会話習得 英語は心理学? 向いてる人向いてない人